ブログトップ | ログイン

ビーボックスアクアリウム 海水魚・サンゴ情報

埼玉県八潮市にある関東を代表するアクアショップ


by b-box_marine
プロフィールを見る
画像一覧
通知を受け取る

週末です

こんばんは、今夜のFerry Corstenに行けるはずもなく悶々としている桑原です。有名どころはGWのRichieとson kite、ゾンビネイションも来るっけ?で6月BBFでsasha(あえてケミブラではなく)がありますけどもこの職業、土日祭日は販売ですよ!と、いうことで気をとりなおし売場を見渡してみて、気になったオススメのアイテムをご紹介いたします。


c0165758_1922995.jpg

まずはチガイウミアザミ・フィジー産。水槽内にかなり順応してきておりしっかりとポンピングしています。蛍光灯でもキープできますが、メタハラですとかなり楽です。ポンピング…動くポリプはやはり添加剤の使用と低いリン酸、です。あ、単純に水流が弱すぎ強すぎでも動かないので、なんか動きが悪いな?という場合、水質と同時に配置場所を見直してみると良いでしょう。


c0165758_19331559.jpg

同じウミアザミの仲間ですが、こちらは大きく茎を持たないイタアザミの仲間。今、となりで熱帯魚ブログを書いている新人の海老原君の髪のようにふさふさもりもりで、ほんの少し強いくらいの水流で非常に美しく揺らぎます。光はメタハラ弱め、むしろ蛍光灯くらいでもいいようです。完全に水中の栄養にたよっているので、添加剤、特にアイオディンの使用はしっかりと。


c0165758_19391291.jpg

かわいいポリプが根強い人気の、個人的にも非常に好みなハナヅタは、かなりのボリュームある個体がまだまだ在庫盛りだくさんです。こちらは水流はちょっと弱めガいいかも。長期飼育されたハナヅタは土台が見えなくなるくらいに高密度になります。

で、トサカやウミキノコなどのソフトコーラルはリン酸が多く出ている水槽でも平気などころかむしろ肥大化(健康な成長ではなく)する傾向にあるのですが、上記のソフトコーラルを飼育する際にはいい影響は出なかったり褐色化を促してしまうので注意しましょう。



c0165758_19464879.jpg

で、まだ在庫あります、パープルのエダコモン、フィジー産。ゆっくりと色揚げされた個体はインドネシアのものと異なり非常に鮮やかなパープルになります(インドネシアのものは青みがかった紫といった方が近いかな)。メタハラ必須ですが強すぎなくてもいいですね。ウスコモンよりも順応性が高いように思えます。


c0165758_1951262.jpg

1個体のみですがカクオオトゲsp.のストライプも。グルメコーラルなどのエサと鉄分の添加剤でバキバキな色揚げと成長が可能です。比較的稀少なため効果ではありますが、エサを与える楽しみが簡単に体感できるいいサンゴだと思います。かなり丈夫だし。


c0165758_19541434.jpg

エダアワサンゴは大量入荷、いつものような2色ものではなく明るめグリーンのタイプ。低光量からメタハラまで順応し、水流もかなり融通がきくので小型水槽でも大型水槽でもOKないいサンゴです。「ハードコーラルって難しいのかなあ?」という方にはぜひ一度、飼育されることをオススメします。スジチヂミトサカ・パープルの方が適応範囲はちょっと狭いと思います。


c0165758_19575190.jpg

で、魚。一般種ですがルリヤッコ、今週は非常に発色良好な個体が揃いました。この画像はマニラ産。
c0165758_19584085.jpg

こちらはスラヴェシ産、インドルリってやつですね。オレンジの違いにご注目。どちらも丈夫ですし、それぞれの価格帯の3匹特価セットにも組むことが出来るので非常にリーズナブルです。


c0165758_2001861.jpg

久々にまとまって入荷がございましたのはフレームエンゼル。マーシャル産とは思えないような?発色良好個体もあります。エサも食べはじめており、小型個体もまだ在庫がございますのでご来店では特に具体的にお好みの個体を選べると思いますよ。


c0165758_2024444.jpg

ブラジル便でもロックビューティー。ちょっと大きめなのに幼魚斑が残っている個体もございます。エサも食べており状態も落ち着きはじめております。


c0165758_2041740.jpg

ミナミハコフグも黄色みが強いちょっと大きめの個体が入荷。やっぱりかわいいですね。このサイズからは急に成長も遅くなることが多いので、ハコフグ飼育の楽しさをぜひとも味わっていただきたいものです。


c0165758_2061541.jpg

今週はスミレヤッコの入荷がありましたが、同時に到着したちょっとだけ深場のスズメダイをご紹介。これはセナキルリスズメ。キレイなバイカラーのコントラストが目立ちます。ちょっと気が強いですが、群泳がちょっとなあというコバルトほどではないので、中型サイズとの混泳にはいいのではないでしょうか。


c0165758_2091615.jpg

上品でおとなしいけどマイナー、なモンスズメ。これはまとまった群泳も可能で、今回はサイズが小さく特にオススメ。個人的にはブルーリーフクロミスよりも好きですね。


c0165758_201114100.jpg

アケボノハゼ・インド洋型はしっかりと仕上がっております。このカラーリングの魚って他にいないですよね。ハタタテハゼでは複数用意しないと隠れて出てこないとか仲間同士でケンカはするわで制御しにくい場合が稀にありますが、もともと単独なアケボノではそういった悩みのない部分もオススメポイントです。



と、ロイヤルラスだったりレスプレンデントアンティアスだったり養殖ミドリイシのスギノキだったり・・・と、探してもいろいろありすぎるので、ぜひともご来店の上、ご利用くださいませ。遠方の方も通販でお問い合わせを。八潮店にいなくても松戸店にならいる魚、けっこうありますので合わせてご愛顧の程よろしくお願いします。
by B-BOX_marine | 2010-04-17 20:16